お客様 各位

平素は、格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。

さて、今日の天候不順や作り手不足等の為、全国産原料による製品の供給が、
かなわない状況になっております。 
以上の事情のため、弊社では、外国産の原料も取り扱っておりますが、残留農薬検査、
食味の検査等を実施し全て青森の自社工場にて製造しております。

これからも心を込め安全、安心な製品づくりに努めてまいります。 
何卒変わらぬご愛顧を賜りますようお願いいたします。
なお、弊社の製品は、手作りの為、生産量に限りがございます。
併せてご理解賜りますようお願い申し上げます。
 

お客様へのお願い

最近、ネット上で弊社の商品が転売されている事実が見受けられます。

商品は食品です。賞味期限内であっても保存の仕方で液漏れの発生やそれに伴う衛生面、
安全面の問題が生じる可能性があります。
一度お買い上げの商品は、いかなる理由においても転売しないよう強くお願いします。

また、お客様におかれましては、
安全の問題上、転売された商品は
お求めになりませんようご注意ください。
当該商品をご購入によって生ずる不都合や損害ついて、弊社では責任を負いかねます。
  

いした物語

いした物語 その1 「初代・石田多作の巻」

初代・石田多作の巻  



時は明治時代。 


(有)いした の始まりとなる石田商店を立ち上げたのが、初代の石田多作です。



石田多作はその当時、現在のいした店舗から少し離れた所にあった民家を作業場にして津軽の食文化である「しそ巻梅漬」の生産を始めました。

その当時は梅漬の他にカマスというものを作っていました。

カマスとは叺と書きます。藁で編んだムシロという布状のものをつなぎ合わせて丈夫な袋を作るのです。

それまではお米や炭を入れるものとしてタワラが作られていました。

その後、大正から昭和にかけて「足踏みで藁を編む機械」つまりムシロを編む機械が地元に普及しカマスの材料が手に入るようになったのです。

主に農家の方々がこのムシロを編んでいましたので、石田商店はこのムシロを買って集め作業場にてムシロをつくり、問屋に卸していました。

カマス作りは戦後まで続きました。

特に注意が必要だったのはお米を入れる為のカマスを作る場合です。

お米用のカマスは当時、食糧事務所の人が検査に来て一つ一つ調べ、検印を押したそうです。


カマスはワラを編んで作ります。残った切れ端のワラはたい肥として使われていましたので当時の
ワラはほとんど燃やしたり、捨てたりする必要が無かったと言われています。

そんなワラを使ったカマスも次第に便利なビニール袋に変わっていきました。

いしたではその昔、「熟しカキ」というものも作っていましたがそれはまた別の機会にご紹介いたします。



     


「はじめましていしたです」 もぜひご覧ください


いした直売店


【お得です】
税込みで11,000円以上お買
い上げの場合は、送料や着
払い手数料が無料です。

 

お支払い方法について
代金のお支払いは代金引
換、クレジットカード、振り
込み(コンビニ、郵便) か
らお選びいただけます。



初めてお買い上げのお客
様(当店にてお客様の過
去のご購入履歴を確認で
きない場合
)は、振込み
(コンビニ、郵便)以外のお
支払い方法、をお選びくだ
さいますよう、お願い申し
上げます。あらかじめご了
承下さい(代金引換では、
手数料¥324
がかかりま
す)

・・・・・・・・・
一部商品のクール
料金について

あんずのしそ巻2kg角樽
につきましては夏場(6月
~8月)は冷蔵便料金がか
かります。システムの都合
上、冷蔵料金(\216)の加
算がされませんが、請求
金額には加算されます。

ご了承ください。

 

ブログ

お店からのお知らせ、日々
の様子、津軽のご紹介など

津軽の風景を中心に様々な
写真をご紹介しています。
写真の投稿をご希望の
メールにてお問い合わ
下さい。

梅についての豆知識や
津軽の梅・あんず文化に
ついて載せています。

津軽の梅干屋

(有)いした

その昔、津軽では梅や杏の種を取った果肉だけを赤しそで丁寧に手で巻くという方法が考案されました。カネシメいしたでは熟練した手技を持つおばちゃん達が、今も丁寧に紫蘇で手巻きをしています。そんな津軽伝統の手技や食文化を守りながら「しそ巻梅漬を食べていつも元気だよ」との声に支えられ、これからも梅や杏、赤しそなどを通して、人々の健康に役立つ事がカネシメいしたの永遠のテーマです.  当社で使用する梅は岩木山山麓の自社梅林にて収穫されたものと、青森県内で収穫されたものを使用しております。当社で使用する紫蘇は青森県内で収穫された大きな葉のものを使用しております。

ページトップへ