お客様 各位

平素は、格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。

さて、今日の天候不順や作り手不足等の為、全国産原料による製品の供給が、
かなわない状況になっております。 
以上の事情のため、弊社では、外国産の原料も取り扱っておりますが、残留農薬検査、
食味の検査等を実施し全て青森の自社工場にて製造しております。

これからも心を込め安全、安心な製品づくりに努めてまいります。 
何卒変わらぬご愛顧を賜りますようお願いいたします。
なお、弊社の製品は、手作りの為、生産量に限りがございます。
併せてご理解賜りますようお願い申し上げます。
 

お客様へのお願い

最近、ネット上で弊社の商品が転売されている事実が見受けられます。

商品は食品です。賞味期限内であっても保存の仕方で液漏れの発生やそれに伴う衛生面、
安全面の問題が生じる可能性があります。
一度お買い上げの商品は、いかなる理由においても転売しないよう強くお願いします。

また、お客様におかれましては、
安全の問題上、転売された商品は
お求めになりませんようご注意ください。
当該商品をご購入によって生ずる不都合や損害ついて、弊社では責任を負いかねます。
  

いした について

はじめまして



いらっしゃいませ

カネシメいした
では

青森県・津軽地方の梅、あんず,しその漬物製造販売を
行っております。


全ての製品を合成保存料合成着色料、合成甘味料を使わず
伝統的な製法で作っております。


西に白神山地、東に八甲田を望む青森県の津軽平野の真中にとても美しい山があります。
津軽富士と言われる「岩木山」です。古来より、津軽の人々の信仰の山、憧れの山です。

この岩木山の麓の町で「しそ巻梅漬」を作り続けて4代目になるカネシメいしたは、明治中期に商いを始めた創業時より
「自分が食べるものだと思ってつくれ、食べたくないものは売るな。」という先代の言葉の下、合成着色料、合成保存料等は使わず「細く長い商売を」の心で続けてきました。





0
当社で使用する梅は岩木山山麓の自社梅林にて
収穫されたものと、青森県内で収穫されたものを
使用しております。

当社で使用する紫蘇は青森県内で収穫された
大きな葉のものを使用しております。


 

 







津軽の食文化  

しそ巻梅漬け
0


その昔、津軽では梅や杏の種を取った果肉だけを赤しそで丁寧に手で巻くという方法が考案されました。いかに、津軽の人は手間をかけて丁寧に作っているのかという事を感じさせられると共に誇りに思っております。
津軽では昔から、あんずを
あんずめ(梅)と称するなど、梅と同種のような扱いをしています。カネシメいしたでは熟練した手技を持つおばちゃん達が、今も丁寧に
紫蘇で手巻きをしています。そんな津軽伝統の手技や食文化を守りながら「しそ巻梅漬を食べていつも元気だよ」との声に支えられ、これからも梅や杏、赤しそなどを通して、人々の健康に役立つ事がカネシメいしたの永遠のテーマです。

写真 : 花盛りの自社梅林と岩木山




 創業百余年。これからも伝統の味を守り

 皆様に安全・安心な梅干しをお届けしてまいります








ご案内




県内外より「いした」への交通のご案内です。
風光明媚な「津軽富士」岩木山麓、弘前市 岩木地区へぜひお越し下さい。



弘前へは、飛行機、JR、お車等でどうぞ。

飛行機:青森空港より車・バスで一時間
JR:弘前駅より車で約20分
東北自動車道:大鰐弘前I.C.より車で30分



JR弘前駅より車で約20分です。






大きな地図で見る



岩木山と岩木山神社


あんずの花と岩木山



いした直売店


【お得です】
税込みで11,000円以上お買
い上げの場合は、送料や着
払い手数料が無料です。

 

お支払い方法について
代金のお支払いは代金引
換、クレジットカード、振り
込み(コンビニ、郵便) か
らお選びいただけます。



初めてお買い上げのお客
様(当店にてお客様の過
去のご購入履歴を確認で
きない場合
)は、振込み
(コンビニ、郵便)以外のお
支払い方法、をお選びくだ
さいますよう、お願い申し
上げます。あらかじめご了
承下さい(代金引換では、
手数料¥324
がかかりま
す)

・・・・・・・・・
一部商品のクール
料金について

あんずのしそ巻2kg角樽
につきましては夏場(6月
~8月)は冷蔵便料金がか
かります。システムの都合
上、冷蔵料金(\216)の加
算がされませんが、請求
金額には加算されます。

ご了承ください。

 

ブログ

お店からのお知らせ、日々
の様子、津軽のご紹介など

津軽の風景を中心に様々な
写真をご紹介しています。
写真の投稿をご希望の
メールにてお問い合わ
下さい。

梅についての豆知識や
津軽の梅・あんず文化に
ついて載せています。

津軽の梅干屋

(有)いした

その昔、津軽では梅や杏の種を取った果肉だけを赤しそで丁寧に手で巻くという方法が考案されました。カネシメいしたでは熟練した手技を持つおばちゃん達が、今も丁寧に紫蘇で手巻きをしています。そんな津軽伝統の手技や食文化を守りながら「しそ巻梅漬を食べていつも元気だよ」との声に支えられ、これからも梅や杏、赤しそなどを通して、人々の健康に役立つ事がカネシメいしたの永遠のテーマです.  当社で使用する梅は岩木山山麓の自社梅林にて収穫されたものと、青森県内で収穫されたものを使用しております。当社で使用する紫蘇は青森県内で収穫された大きな葉のものを使用しております。

ページトップへ